新着記事/関連記事

10年間(2005年〜2015年)の運用資産額の推移・運用成績をまとめてみた

10年間(2005年〜2015年)の運用資産額の推移・運用成績をまとめてみた。
以下は、2005年の100とした時の運用資産額の推移である。投資元本の増加を含め、10年間で約7倍に拡大したことが分かる。



投資元本を正確に記録していなかったが、推定で入れてみたグラフが以下。年間平均リターン(推定)は8.83%だった。直近3年間の株高で運用成績が極端に良くなっており、リターンがやや上振れしている気がする。



なお、リーマンショックで大きく資産額が減っていない理由は、リーマンショックの株価急落の時期と投資方針の変更時期が重なっていたためだ。

関連記事:
・株価が約半分に急落したリーマンショックで大損失を受けた記憶がない理由

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント