アブラハム・ウェルスマネジメントの財産保全コンサルティングがわずか半年で終了か?

アブラハム・ウェルスマネジメントの財産保全コンサルティングサービスが6月末で打ち切りになっていたとのこと(Business Journal)。
記事によると、アブラハム・ウェルスマネジメントはPWM日本証券と提携して「元本確保型」と称する財産保全コンサルティングサービスを展開していたが、PWM日本証券の承諾なく販売活動を行っており、PWM日本証券が再三是正を申し入れたにもかかわらず、アブラハム側が聞く耳を持たなかった。PWM日本証券は5月中旬に新規顧客募集の停止を申し入れ、6月末で契約終了とのこと。

取材に対してアブラハム・ウェルスマネジメントから回答はなく、本記事執筆時点でウェブサイト上にサービス終了の正式発表はない。

アブラハムグループは、「いつかはゆかし」で2013年10月に金融庁から業務停止処分を受け、業務停止期間終了後の2014年5月にアブラハム・ウェルスマネジメントを設立し、2015年1月からこの財産保全コンサルティングサービスを開始したばかり。ただ、運用スキームは使い古されたもので、「元本確保型」と言っても米国債を使っているため米ドル建てなのだが。

本ブログでもウェブサイト上に多くの問題点があることを指摘していたが、わずか半年で打ち切りとなりそうだ。

関連記事:
・アブラハム・ウェルスマネジメント「元本安心で資産を2倍以上に殖やす」の問題点

コメント
コンサルティング業は継続しているのではないでしょうか。
ただし、金融商品仲介業は業務内容から消えており、所属金融機関の記載も消滅しました。
https://abraham-wealth.co.jp/company/about.html
  • 774
  • 2015/07/09 4:10 PM
DVD情報商材屋へと舵を切ったようです
ttps://abraham-media.co.jp/landing/hedgefund-dvd.php?awm=dmc&tid=1&email=x
  • 774
  • 2015/07/31 12:28 AM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)
  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)