新着記事/関連記事

フロンティア株式の長期リターンは本当に高いのか〜木村昭二氏の主張に対する疑問

日経ヴェリタスに「長期運用、人口増で国選ぶ、フロンティアに投資せよ、木村昭二氏に聞く」という記事が掲載された。
記事では、木村昭二氏のフロンティア株式への投資法が紹介されている。木村昭二氏はナイジェリア、ケニア、ラオス、カンボジア、パプアニューギニアなどのフロンティア国の現地で証券口座を開設し、長期株式投資を行っているとのこと(投資先は10カ国以上とのこと)。

その理由として「50年といった長期で運用を考えた場合、先進国に投資するより大きなリターンを得られる」ことをあげている。記事では2002年以降の先進国、新興国、フロンティア国の株式指数の比較が行われており、「MSCI指数を見ると、過去10年程度でフロンティア国の上昇率は先進国をしのいでいる」とのこと。

確かにこの期間だけを比較すれば、フロンティア国の株式指数は先進国の株式指数よりもリターンが高い。しかし、この比較でもフロンティア株式指数はエマージング株式指数に劣っている。しかも、2002年始点という都合のよいデータを引用しているだけで、仮にMSCIフロンティア指数の算出が始まった2007年を始点にすれば先進国株式に比べて大きくマイナスだ。

2002年を始点としたリターンがたまたま高いからと言って、フロンティア株式の長期リターンが先進国株式よりも高いとする根拠は不明だ。

関連記事:
・MSCIがフロンティア100インデックスのカタール・UAE移行と新算定基準を発表

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)
  • 非常用復水器(イソコン)の使用方法を知らなかった東京電力
    アルバートロンくん (04/13)
  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/13)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    ゆうき (01/11)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/11)
  • 金融庁が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着
    ハイマージェ (12/10)