新着記事/関連記事

セブン銀行の米国子会社FCTIが米国セブンイレブン7800店でATM展開へ

セブン銀行の米国子会社が米国セブンイレブン店舗でATM設置を進めるとのこと(ロイター)。
セブン銀行は、2012年に米国でATM約6400台を運用しているFinancial Consulting & Trading International(FCTI)を完全子会社化。今回、米国セブンイレブン約7800店でATMを展開することになったとのこと。また、セブン銀行はインドネシアでもATM展開を進めているとのこと。

現在、セブン銀行のキャッシュカードは国内専用で、海外ATMで預金を引き出すことはできない。ただ、着々と自社の国際ネットワークは整備されており、海外ATM対応のキャッシュカード発行も近いのではないかと期待している。

シティバンクが日本のリテールから撤退し、そのサービスを引き継いだSMBC信託銀行のサービスの持続性が危ぶまれる中、海外ATMが利用できるキャッシュカード発行は人気が出るのではないかと思う。

関連記事:
・シティバンク・SMBC信託銀行統合後の海外ATMサービスは最低2年継続へ

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ハイマージェ (06/04)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)
  • 非常用復水器(イソコン)の使用方法を知らなかった東京電力
    アルバートロンくん (04/13)
  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)