新着記事/関連記事

都心部・臨海地域地下鉄構想と都心部・品川地下鉄構想は実現可能か?

東京都が国に整備を提言する地下鉄路線に2路線を追加した(東京都都市整備局)。
1つは都心部・臨海地域地下鉄構想で、銀座から晴海・豊洲を結ぶ地下鉄路線。もう1つは、都心部・品川地下鉄構想で、白金高輪と品川を結ぶ地下鉄路線である。両路線とも極めて短い路線だが、どの既存路線に乗り入れるのかが明確でない。

都心部・臨海地域地下鉄構想では、臨海部はりんかい線の国際展示場か東雲で接続することが想定できる。狭軌のりんかい線に乗り入れるために狭軌で建設するとしたら、銀座付近で大江戸線、浅草線、丸の内線に乗り入れるのは難しい。

有楽町線への乗り入れではあまりに路線が平行してしまうため、日比谷線が有力候補になるだろう。ただ、日比谷線の東銀座・築地付近で分岐を作っても、東銀座駅または築地駅を拡張できなければ、新路線の運転本数を増やすことは難しい。両駅の拡張可能性がカギを握っているだろう。

都心部・品川地下鉄構想は品川までの延伸は可能だろうが品川を終着駅とするのか、品川駅からどこかの路線に乗り入れるかが明らかになっていない。三田線・南北線は狭軌なので、広軌の京急線・浅草線に乗り入れるのは難しい。線路容量から候補として考えられるのはりんかい線だが、東急池上線を品川まで延伸して乗り入れる可能性もある。

両路線とも距離が短いため、事業の効果を高めるためには既存路線への乗り入れが不可欠だ。乗り入れ路線が明確でない段階では、これらの路線が実現できるかどうかは不明確だ。

関連記事:
・中央区が築地から勝どき・晴海・豊洲・有明を結ぶ地下鉄新線建設を検討開始

コメント
湾岸エリアは人口増加中、特に子育て世代が増えてますね。ま、晴海あたりであれば、銀座までタクシーで数分、便利なエリアです。都心回帰、職住近接を望む傾向はこれからも続くだろうから、湾岸への地下鉄新線は最も必要な公共交通インフラでしょうね。
企業の立地も増えてるから投資対効果も十分見込めるでしょ。
  • son
  • 2015/07/18 3:06 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント