新着記事/関連記事

SBI証券の投信マイレージサービス(SBIポイント付与制度)は持続可能か?

ザイ・オンラインに「インデックス投資で運用利益1000万円オーバー!資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!」という興味深い記事が公開された。
本記事は、吊られ男の投資ブログの管理人である吊られ男氏のインタビュー記事だ。最も気になるポイントは以下の点だ:

「SBI証券を利用しているのですが、ここは投資信託を保有しているとポイントがもらえるんです。総資産残高が1000万円以上になると、1年で総資産残高の0.2%分のポイントがもらえます。しかも、クレジットカードの『SBIレギュラーカード』を持っているので、ポイントの現金交換レートが1.2倍になり、1年で0.24%分のポイントが付きます。例えば『ニッセイ日経225インデックスファンド』だと年に0.25%+税金分の信託報酬を払っていますが、0.24%のポイントを引くと実質0.03%くらいになり、ETFのコストよりも安い。しかも投資信託は買付手数料もかからないし、株数単位で売買するETFと違って金額単位で買えます。総合的に考えると、現状はETFより投資信託のほうがお得ですね」

確かに、SBI証券で対象投資信託の月間平均保有額が1,000万円以上の場合、月間平均保有額の年率0.2%のSBIポイントを獲得できる(投信マイレージサービス)。SBIカードを持っている場合、10,000ポイント=12,000円(1ポイント=1.2円)で交換可能なので、合算して0.24%のキャッシュバックが受けられる(SBIポイントとは?)。

しかし、例えばニッセイ日経225インデックスファンドで販売会社が受け取る信託報酬率は0.11%でしかない。つまり、SBIグループは、このファンドを売ると、毎年0.13%の損失を生むことになる。ニッセイ外国株式インデックスファンドで販売会社が受け取る信託報酬率は0.17%なので、毎年0.07%の損失を生む。

つまり、投信マイレージサービスのSBIポイント付与率はアクティブ投信や毎月分配型投信の場合は問題ないが、インデックス投資家が利用すればSBIグループの損失が拡大することになる。

これでは持続不可能だろう。投信マイレージサービスは一定の時期が経過すれば改悪される可能性が高いと思う。現行のポイント付与率を前提にした投資商品選択はやめたほうが良いだろう。

関連記事:
・ネット証券のNISA口座手数料割引キャンペーン比較(第二弾)

コメント
おっしゃる通り、証券会社に損失をもたらす仕組みでは、長期的な持続は難しいかもしれません。ただ、改悪されたらすぐ乗り換えられる話ですし、現時点としては、ポイントも前提に含めて最も有利となる選択をするのが良いように考えますが、いかがでしょうか。
  • tama
  • 2015/07/29 6:55 AM
すでにSBIカードのポイントは2015年10月1日より改定が決まっているようです。
投信のポイント比率が下がるわけではないようにも見えますが、通常のポイント比率は大幅な引き下げです。
さらに年会費972円が次年度からかかるようになります。10万円以上利用で無料。
また、SBIカードはリボ払い専用カードなので、一定数リボ払いをしてくれる人がいれば元が取れると思います。
さらに錯覚を起こしやすいですが、SBIカードを持っていなければ1PT=0.85円または0.8円で交換手数料160円かかることもあります。

1000万円以上のインデックスファンドの残高があり、SBIカードを10万円以上使うがリボ払いをしないで毎回1回払いに替える人(第1回支払期日まで利息がかからないかどうか不明なのでこの処理が可能かどうかはわかりません。私が持っているスルガVISAカードはリボ専用ですが第1回支払日までに1回払いにすれば金利はかかりません。忘れる人が一定数いるのでポイント比率1.8%でも元が取れているようです。)がすべてのメリットを享受できますがそこまで合理的に行動できる人は少ないのではないでしょうか。
  • オーナーTH
  • 2015/07/29 7:42 AM
tamaさん

ETFに乗り換えるにしても、売却すれば課税が発生する可能性があります。

オーナーTHさん

すべてのメリットを享受できる人が少ないからといって、この制度の課題が解消できるわけではないと思います。なお、ニッセイ225の場合は0.11%以上のポイント付与はSBIの損失になります。
  • ゆうき
  • 2015/07/29 8:04 AM
そうですね。
SBIにメリットがなくなればこの制度はいずれ改悪されるでしょう。ただポイント制度がマイナスになることはないと思うのでないよりはましぐらいに考えたほうが良いのではないと思います。
ちなみに持続可能でかつ一番有利なポイント制度がどれかできれば比較してみて下さい。
私が利用しているカブドットコムの場合、信託報酬の低いファンドはポイント制度の対象外になっており、私の積み立てているファンドの半分くらいは対象外です。
  • オーナーTH
  • 2015/07/29 8:38 AM
いつも参考にさせて頂いています。
SBIカードの所有者です。
7月15日にSBIカードからメールあり、SBIレギュラーカードのポイントは半減です。
10月1日から改定と記載がありますが、現行ポイントの現金交換は10月19日までのようです。自分で交換するのは9月16日まで。
http://www.sbicard.co.jp/important/

SBIカードより還元率の高い1.75%のREXカードがメインとなったのでSBIカードは解約予定です。
  • 佐川佐渡守左近
  • 2015/07/29 11:57 AM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/13)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    ゆうき (01/11)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/11)
  • 金融庁が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着
    ハイマージェ (12/10)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ゆうき (10/23)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ハイマージェ (10/22)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ゆうき (10/22)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    あきお (10/22)