スカイマークの支援企業がANAに決定〜あのスカイマークも牙を抜かれてしまうのか?

経営再建中のスカイマークの支援企業がインテグラル&ANA連合に決定した(ロイター)。
記事によると、ANAの長峯取締役は「契約の中でスカイマークの独立性が担保できる仕組みを準備しており、運賃や路線、便数など具体的な計画についてはANAは一切プロセスに関与しない」と述べたという。

ANAは、2003年にエアドゥ、2004年にスカイネットアジア航空(現ソラシドエア)、2007年にスターフライヤー、2013年にエアアジア・ジャパン(現バニラエア)と業績不振に陥った新興エアラインを相次いで支援して来た。

新興エアラインは、ANAとコードシェアを行うことでANAの販売力を使って搭乗率を上げることができた。概ね経営再建を果たしてきたが、すっかり牙を抜かれてしまったように見える。

再建後には、再び、あの挑戦的なスカイマークを取り戻してほしいと思う。

関連記事:
・デルタ航空がスカイマーク支援に参戦〜未使用の羽田発着北米路線の配分が進むか?

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 確定拠出年金(iDeCo含む)の商品数(35本)上限は撤廃すべき
    ハイマージェ (08/27)
  • 確定拠出年金(iDeCo含む)の商品数(35本)上限は撤廃すべき
    ゆうき (08/27)
  • 確定拠出年金(iDeCo含む)の商品数(35本)上限は撤廃すべき
    ハイマージェ (08/27)
  • 2020年7月31日現在のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (08/27)
  • 株価大幅下落を受け通算9回の買い注文〜短期資金の配分割合を48%から40%へ
    ハイマージェ (06/26)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)