新着記事/関連記事

バランス型インデックスファンドのREIT配分比率は明らかに過大では?

REITを組み込んでいるバランス型インデックスファンドにおけるREITの配分比率を比較してみた。
結果は以下の通り:

REITのビジネスは不動産賃貸業だが、不動産賃貸業はすでに株式ポートフォリオに含まれている。例えば、不動産会社はTOPIXの約3%を占めており(TOPIXファクトシート)、不動産賃貸業は不動産会社の約3分の1を占めている(ARES J-REIT REPORT Vol.10 September 2010)。つまり、株式ポートフォリオの約1%は不動産賃貸業に投資していることになる。

ポートフォリオにおいてREITを2〜3割も組み入れることは、不動産賃貸業を過度に重視したアクティブ運用を行っていることになるかもしれない。上場企業は様々なビジネスを行っているが、私には不動産賃貸事業の割合を過度に引き上げる理由が見当たらない。

加えて、REITのスポンサーは不動産会社で、スポンサーとの相対取引も頻繁に行われていることから、利益造反を生じかねない構造的な問題がある(不動産ファンドにカス物件を押し付けられるREIT参照)。国内REITは首都圏に物件が集中しているため、大地震に対しても脆弱だ。

バランス型インデックスファンドのREIT配分比率は明らかに過大だと思う。

関連記事:
・菊池誠一著「大地震と株式投資」〜脆弱なトヨタ、日産、スズキ、日立などの地域集中企業

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/13)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    ゆうき (01/11)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/11)
  • 金融庁が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着
    ハイマージェ (12/10)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ゆうき (10/23)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ハイマージェ (10/22)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ゆうき (10/22)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    あきお (10/22)