新着記事/関連記事

iシェアーズMSCI日本株最小分散ETF(1477)は信託報酬0.19%のスマートベータETF

ブラックロックが10月20日に上場させるETF4本の中に「iシェアーズMSCI日本株最小分散ETF(銘柄コード1477)」というETFがある。
ブラックロックのプレスリリース(PDF)によれば、「iシェアーズMSCI日本株最小分散ETF(1477)」はいわゆるスマートベータ指数連動のETFで、「業種・ファクター・銘柄間の相関を考慮し、ポートフォリオを最適化することでリスク(価格変動)を最小限にすることを目指します」とのこと。信託報酬は0.19%(税抜)。

この説明だけでは分かりにくいので、MSCI日本株指数の資料(PDF)MSCI日本株最小分散指数の資料(PDF)をもとに、いろいろな比較をしてみた。

まず、組み入れ銘柄数は以下の通り:
  • MSCI日本株指数:314銘柄
  • MSCI日本株最小分散指数:155銘柄

次に、セクター割合を比較してみた。前者の数字がMSCI日本株指数における配分、後者の数字がMSCI日本株最小分散指数における配分である。
  • 一般消費財サービス:21.35%→16.4%
  • 金融:19.62%→13.88%
  • 資本財サービス:18.64%→19.71%
  • 情報技術:10.4%→6.13%
  • ヘルスケア:7.84%→12.87%
  • 生活必需品:7.36%→12.08%
  • 電気通信:5.66%→5.36%
  • 素材:5.55%→4.62%
  • 公益事業:2.72%→6.36%
  • エネルギー:0.86%→2.59%

一般消費財サービス、金融、情報技術などの配分を低くし、ヘルスケア、生活必需品、公益事業などの配分を引き上げているようだ。生活必需品セクターの配分引き上げは興味深いところ。

組み入れ銘柄については、MSCI日本株指数では5.73%がトヨタ、2.97%が三菱UFJだが、MSCI日本株最小分散指数では、最大でもJR西日本とNTTドコモでそれぞれ1.79%だった。

過去10年間のリターンは、MSCI日本株指数が年平均3.02%だったが、MSCI日本株最小分散指数では5.27%だった。

「iシェアーズMSCI日本株最小分散ETF(1477)」はスマートベータ指数連動ETFにしては信託報酬が割安なので、ちょっと検討してみようかと思った。

関連記事:
・信託報酬0.06%の「iシェアーズTOPIX ETF(1475)」が10月20日に上場

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/13)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    ゆうき (01/11)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/11)
  • 金融庁が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着
    ハイマージェ (12/10)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ゆうき (10/23)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ハイマージェ (10/22)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ゆうき (10/22)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    あきお (10/22)