住宅は人生最大の買い物だが売り手と買い手の「情報の非対称性」もMAXである

またまた欠陥マンションが問題になっている。
住宅の販売者は施工業者の行ったすべての工事の実態を把握できないし、もちろん購入者は施工業者や販売者の情報をほとんど把握できない。購入者は杭の打ち込みデータを見てもまったく分からないし、ましてや偽装を見破ることは不可能だ。

住宅はほとんどの人にとって人生最大の買い物であるが、施工業者・販売者・購入者の「情報の非対称性」が極めて高い資産であることを改めて実感できる。そしてこの「情報の非対称性」を埋めることはほぼ不可能である。

ということは、住宅購入者は「情報の非対称」を認識していないか、認識をしていても性善説に立って施工業者や販売者を全面的に信頼していることになる。

投資においては「よく分からないものには投資をするべきではない」というのが鉄則だが、ここまで大きな「情報の非対称」がありながら、多くの人が年収の何倍もかけて集中投資している状況は不思議だ。

関連記事:
・パークスクエア三ツ沢公園で施工ミスが発覚〜まだまだ困難な支持層の見極め

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    たわら男爵 (09/30)
  • キングスレーキャピタルは投資詐欺か?被害者は?(2)
    鼠小僧 (09/26)
  • インデックス投資ナイト2018の第三部座談会に登壇した
    キセン (07/11)
  • 映画「ラストサムライ」にみるグローバリゼーション
    pandora jewelry (04/27)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (04/23)
  • 日本の現金決済比率は65%で先進国平均の2倍以上〜20万台のATM維持コストは年間2兆円
    パオ (03/20)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ゆうき (02/25)