DIAMアセットマネジメントが格安インデックスファンドシリーズを年内に発表へ

DIAMアセットマネジメントが格安インデックスファンドシリーズを年内に発表するとのこと(日本経済新聞)。
記事によると、三井住友やニッセイに匹敵する信託報酬のインデックスファンドシリーズ5本〜7本程度を年内に発表するとのこと。現在、DIAMでは以下のようなDC専用投信を設定しており、これらの一般開放か、信託報酬が同水準のシリーズを新設定するという2パターンが想定される。


DIAMアセットマネジメントは、みずほ第一生命が折半出資する運用会社だが、2016年度上期を目途にみずほ投信投資顧問、新光投信、みずほ信託の運用部門との統合が予定されている。統合すれば規模のメリットも活かせるため、今後の活躍が期待できる。

みずほグループには、みずほ銀行が主導してブラックロックが運用しているi-mizuhoというインデックスファンドシリーズが存在しているが、信託期限があることや信託報酬が高めであることから資産規模が伸び悩んでいる現状がある。みずほグループの運用会社と統合した場合、みずほグループのインデックスファンドに対するスタンスの変化が起こるかどうかも気になるところだ。

関連記事:
・みずほと第一生命が運用部門統合へ〜期待されるDIAMインデックスファンドの一般開放

コメント
DIAMもニッセイも格安インデックスファンドを出してきて競争が起きるのはとてもありがたいのですが、「三井住友・DC全海外株式インデックスファンド」と競合する商品が出ない点が不思議です。
個人的にはMSCIコクサイとMSCIエマージングの2本を自分で調整するより、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス連動の1本で済ませたい所です。世間は違うのかな?
  • ハイマージェ
  • 2015/11/23 10:49 AM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
信託報酬大幅引き下げのニッセイインデックスシリーズ、元DC専用ファンドを一般販売した三井住友DCインデックスシリーズに続き、DIAMアセットマネジメントも両シリーズに匹敵する低コストインデックスファンドシリーズを年内発売との日経新聞が報道しています。
  • インデックス投資日記@川崎
  • 2015/11/18 10:23 PM

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)