新着記事/関連記事

整備新幹線の利用者負担と財政負担の割合〜あの北陸新幹線でさえ5割が財政負担

本ブログ記事「北海道新幹線が開業〜建設費の約9割は財政負担でJR北海道も大赤字」で、北海道新幹線(新青森ー新函館北斗)の貸付料(30年)が建設費の12%しかないことが明らかとなった。
運賃だけでは採算の取れない整備新幹線では、線路の建設と保有を鉄道・運輸機構が担い、列車の運転をJR各社が担う仕組みとなっている。JR各社は30年間に渡って線路の貸付料を鉄道・運輸機構に支払う。建設費のうち貸付料でカバーできない部分は、国と地方自治体が負担することになっている。

梅原淳著「最新新幹線事情〜歴史、技術、サービス、そして未来」の掲載データをもとに、北海道新幹線以外の整備新幹線の建設費に対する貸付料(30年)を調べてみたところ、以下の通りとなった。
  • 東北新幹線(盛岡ー新青森):建設費8648億円に対して、30年間の貸付料は4470億円となり、建設費に占める貸付料の割合は52%。
  • 北陸新幹線(高崎ー金沢):建設費2兆6083億円に対して、30年間の貸付料は1兆2600億円となり、建設費に占める貸付料の割合は48%。
  • 九州新幹線(博多ー鹿児島中央):建設費1兆4827億円に対して、30年間の貸付料は3060億円となり、建設費に占める貸付料の割合は21%。

好調に見える北陸新幹線でさえ建設費の5割が財政負担なのだ。東北新幹線(盛岡ー新青森)も5割程度だった。一方、九州新幹線(博多ー鹿児島中央)は2割と低い水準となった。北海道新幹線(新青森ー新函館北斗)はさらに低くなっていることが分かった。

どこまでを利用者負担でどこまでを財政負担にするのか。一定の基準がなければ、ずるずると財政負担が増えていくことになるだろう。

関連記事:
・北陸新幹線の上越妙高駅前開発を巡る攻防〜40階の高層ツインタワー計画がとん挫

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ハイマージェ (06/04)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)