メインのクレジットカードをANA VISAワイドゴールドカードに変更

メインのクレジットカードをセゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードからANA VISAワイドゴールドカードに変更した。

これまでは、ゴールドカードなんて維持手数料が高いだけでもったいないと思っていた。しかし、後述の通り、海外出張でANAを含むスターアライアンス系列の便が選択しやすくなり、海外出張のコスト等をカード決済で落とす中、付与されるマイレージやポイントと相殺すると、お得であることに気が付いた。

ANA VISAワイドゴールドカードは1000円のカード利用で1ポイントが付与され、移行手数料なしで1ポイント=10マイルに変換できる。また、搭乗時のボーナスマイルが25%増となる。ショッピングに利用できるANA SKYコインへの換算は最大1.6倍になる。

例えば、年間100万円をクレジットカード決済し、搭乗で2万マイル分(通常カードの場合)を獲得すると、ANA VISAワイドゴールドカードでは、3万5000マイルを貯めることができる。ANA SKYコインに変換したとしても、1.4倍のレートで4万9000円分のショッピングが可能になる。カードの維持手数料が約1万5000円なので、ネットでは3万4000円となる。

現在のセゾンアメックスカード+通常のマイレージカードだと、カード利用のポイント付与が5000円(0.5%換算)、搭乗でのマイル付与が2万4000円(ANA SKYコインで1.2倍換算)なので、計2万9000円。カードの維持手数料は約3000円なので、ネットで2万6000円になる。ANA VISAワイドゴールドカードに変えることで約1.4倍のショッピングが可能になる。カード決済額が増えればその分、この差は広がることになる。

これまでは、スケジュール面や予算面で必ずしもひとつの系列を選択できる確率が低かった。したがって、ANA、JAL、デルタ航空の3つのマイレージカード(クレジット機能のない通常カード)を作り、それぞれのマイルを貯めていた。

しかし、最近はANAの海外路線が大幅に拡大し、コードシェア便も大幅拡大、運賃も他航空会社との調和化が進行した結果、スケジュール面と予算面でスターアライアンス系列を選択できる確率が高まった。

関連記事:
・海外サポートがダントツのセゾン・アメックスに申込み


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 確定拠出年金(iDeCo含む)の商品数(35本)上限は撤廃すべき
    ハイマージェ (08/27)
  • 確定拠出年金(iDeCo含む)の商品数(35本)上限は撤廃すべき
    ゆうき (08/27)
  • 確定拠出年金(iDeCo含む)の商品数(35本)上限は撤廃すべき
    ハイマージェ (08/27)
  • 2020年7月31日現在のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (08/27)
  • 株価大幅下落を受け通算9回の買い注文〜短期資金の配分割合を48%から40%へ
    ハイマージェ (06/26)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)