新着記事/関連記事

年末ギリギリに50,000プレミアムポイント(ANAプラチナ・ステータス)を達成

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)会員取得に必要なプラチナ・ステータス(年間50,000プレミアムポイント以上)を達成した。

今年は出張でのプレミアムポイント(PP)獲得が38000ポイントに達したため、年末の2日間を利用してSFC修行を実施した。利用したフライト、獲得ポイント、価格、PP単価は以下の通り:

1日目:

  • 羽田→宮古(プレ旅割28)/3,295ポイント/31,090円/単価9.44円
  • 宮古→羽田(プレ旅割28)/3,295ポイント/32,390円/単価6.49円
  • 羽田→那覇(プレ旅割28)/2,860ポイント/26,190円/単価9.16円

2日目:

  • 那覇→石垣(プレ旅割28)/1,017ポイント/10,400円/単価10.23円
  • 石垣→那覇(プレ旅割28)/1,017ポイント/10,200円/単価10.03円
  • 那覇→千歳(プレ旅割28)/3,892ポイント/30,900円/単価7.94円
  • 千歳→羽田(旅割55N)/965ポイント/10,890円/単価11.28円

合計:16,341ポイント/141,060円(約12万円分をマイルからスカイコインに替えて決済)/PP単価8.63円

せっかくの宮古島&石垣島フライトだったが、このスケジュールだと滞在時間が各数十分で、空港の外に出る時間がなくもったいない気分だった。ただ、那覇では空港近くのアウトレットモール「あしびなー」へ、札幌では空港内の温泉施設「新千歳空港温泉」に行った。

冬の新千歳空港は大雪トラブルが多いので、本来、年末ギリギリのマイル修行で使うべき路線ではないが、どうしても国内最長路線である那覇・千歳間に乗りたかったのでエイッと予約。

那覇→千歳は50分の遅延だったものの、千歳→羽田は3時間半の遅延で、羽田空港に着いたのが深夜1時だった。羽田からはタクシーで帰宅する羽目になってしまった(事後請求可能とのこと)。

関連記事:
・ANAプラチナ・ステータス獲得のための年末マイル修行ルートを予約


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/13)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    ゆうき (01/11)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/11)
  • 金融庁が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着
    ハイマージェ (12/10)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ゆうき (10/23)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ハイマージェ (10/22)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ゆうき (10/22)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    あきお (10/22)