新着記事/関連記事

なぜインデックス投資は人間の脳にとって魅力的・刺激的ではないのか?

インデックス投資家の弱点は投資の魅力を語れない事だとの意見がある(バリュートラスト記事「インデックス投資家は投資家でないのかもしれない」参照)。

そこで、インデックス投資家の弱点を脳科学の視点から考えてみたい。まず、人間の脳の後帯状皮質には不確実性を好む部位があり、確率が50:50の賭け事に最も強く反応することが分かっている。つまり、脳はもともと短期的な株取引やFX取引を好む性質がある。

また、頻繁に報酬を与えられることで脳の前頭葉という部位が刺激され、モチベーションが上がることが分かっている。毎月分配型の投資信託はこのメカニズムをうまく利用した商品だが、毎月分配型の投資信託は効率的ではない。

つまり、インデックス投資(長期投資)は、脳にとって魅力的・刺激的ではないのだ。インデックス投資を理解してもらうには、まずこの人間の脳の傾向を理解してもらうことが重要ではないかと思う。

関連記事:
・ニューロファイナンスとは何か〜株式投資と脳科学の関係


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ハイマージェ (06/04)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)
  • 非常用復水器(イソコン)の使用方法を知らなかった東京電力
    アルバートロンくん (04/13)
  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)