夫婦のリアル共同財布からキャッシュレスな家族会計システムへの変更

少し前になるが、我が家の会計システムを変更した。

数年前に結婚して以来、家賃、光熱費、食費、家族旅行費などの共同の出費は、夫婦共同の財布を作って、そこから入出金するようにしていた(拠出は収入に応じて負担額は差をつけた)。入出金はGoogleドライブのスプレッドシート上でお互いが記帳し、共有していた。

しかし、この方法だと常に多額の現金を家に置いておくことになる。加えて、家賃や光熱費などは私の銀行口座から引き落としていたため、現金を共同の財布から引き出して私の財布に入れることが多く、私の財布も現金で膨れがちだった。

そこで、共同の財布を解消。Googleドライブのスプレッドシート上でお互いの負担の差額を把握する方法に変更した。とは言え、家賃・光熱費など私の負担のほうが圧倒的に多いので、そのまま放置すると私の負担額だけが膨らんでいくことになる。

それを解消するため、毎月、一定額を「調整金」として妻から私の銀行口座に入金してもらうことにした。普通に銀行振り込みをすると手数料がもったいないので、私の銀行口座の代理人カードを作成して、妻に使ってもらうことにした。

その結果、家に現金を置いておくことも、私の財布が現金でパンパンになることもなくなり、キャッシュレスな家族会計の仕組みが構築できた。

関連記事:
・インデックス投資ブロガーはパートナーに資産運用をどう伝えているか?


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)