新着記事/関連記事

ANA特典航空券とJTB旅行券(デルタ航空スカイマイル交換)を使って家族3人で北海道旅行

ANA特典航空券とJTB旅行券(デルタ航空スカイマイル交換)を使って家族3人で2泊3日(7月14日〜16日)の北海道旅行に出かけた。

今回、ホテル1泊分は、デルタ航空スカイマイルからJTBエース旅行券(国内ツアー限定)に交換して利用した。連休開始日の7月15日(土)からは宿泊料が高騰していたため、14日(金)を往路日としてJTB旅行券は14日の宿泊分で利用した。連休時の特典航空券は非常に確保しにくいため、15日(土)と17日(祝)の予約は避け、帰路日は16日とした。

通常、ANA国内線特典航空券の往路は、2か月後の同一日までしか予約できないが、復路は往路日から2週間後までの予約が可能である(ANA国内線特典航空券)。また、特典航空券は日程の無料変更が可能である。そこで、7月14日の「2か月前同一日の2週間前」である4月30日の9時半に千歳→羽田(6月30日利用)・羽田→千歳(7月14日利用)を予約し、本来の復路の2か月前同一日である5月16日の9時半に、6月30日の千歳→羽田の予約を7月16日に変更することで、羽田出発・千歳往復の予約が完成した。

道内はレンタカーで移動。新千歳空港→旭山動物園→層雲峡→美瑛→富良野→帯広→愛国駅→襟裳岬→新千歳空港と移動距離の長い旅だった(走行距離は約800km)。今回の自己負担はレンタカー代、ガソリン代、ホテル1泊代、食事代などで5万円程度だった。15日の宿泊は予約が取りにくく全体的にかなり高騰していたが、るるぶトラベル経由で帯広駅前のビジネスホテルが手ごろな価格で予約できた。

なお、デルタ航空は2018年3月末まで、ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーンを実施中なので、往復のANA搭乗券をFAX送付して計1000スカイマイルを獲得予定。

関連記事:
・ANA特典航空券とJTB旅行券(デルタ航空スカイマイル交換)を使って家族3人で沖縄旅行


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ハイマージェ (06/04)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)
  • 非常用復水器(イソコン)の使用方法を知らなかった東京電力
    アルバートロンくん (04/13)
  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)