新着記事/関連記事

独身時代・DINKS時代の貯蓄戦略〜不相応な固定費の引き上げは要注意

人生には貯蓄が容易な時期と貯蓄が困難な時期がある。

一般的に貯蓄が容易な時期は、独身時代(奨学金がある場合は返済後)、結婚後のDINKS(子供のいない共働き夫婦)時代、子育て終了後のリタイア前である。一方、貯蓄が困難な時期は、子育て期間中とリタイア後である。

しかし、貯蓄が容易な時期は、社会人スタート直後の高額な生命保険契約、趣味的側面の強いマイカー購入、結婚後の賃貸新居決定やマイホーム購入など、大きな固定費を決定するタイミングとも重なる。ここで固定費の水準を一度引き上げてしまうと、その後に生活水準を引き下げるのは困難になる。いざ子育てが始まって家計がカツカツになり、減らせるのは日々の食費と夫の小遣いくらい、という悲劇が展開されるのだ。

一般的に資産形成はリタイア後の資金ニーズを満たすことを目的とすることが多いが、理想的なのは以下の戦略だろう:

  • 独身時代とDINKS時代は、人生最大の貯蓄チャンスであることを認識すること。
  • 独身時代とDINKS時代に固定費を不相応に引き上げないこと。
  • 独身時代、DINKS時代、子育て時代の序盤に、子育て時代後半(高校・大学時代)の資金ギャップ解消の目途をつけ、可能であればリタイア後の一部の資金確保を行うこと。
  • 子育て終了後のリタイア前に最後のスパートでリタイア後に必要な残りの資金を確保すること。

関連記事:
・子育て世代が注意すべき「iDeCo」の引き出し制約と「つみたてNISA」の活用メリット


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 軽自動車の規格見直しが求められている理由〜世界のミニマムクラスとのギャップ
    ヤマト (11/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)