新着記事/関連記事

JTB旅行券交換用のデルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カードを解約

デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カードを解約した。

デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カード(シルバーメダリオンのステータスが自動付帯)は、これまでの海外出張で貯まった69000デルタスカイマイルをJTB旅行券に交換するために2016年10月に作ったクレジットカードだが、年会費支払いの時期が近付いていたため、継続・解約の是非を検討していた。

デルタスカイマイルからJTB旅行券への交換は1暦年につき3万マイルまで。これまで2016年10月に3万マイル、2017年4月に3万マイルを交換し、それぞれ家族旅行に使用してきた(本ブログ記事「ANA特典航空券とJTB旅行券(デルタ航空スカイマイル交換)を使って家族3人で沖縄旅行」及び「ANA特典航空券とJTB旅行券(デルタ航空スカイマイル交換)を使って家族3人で北海道旅行」を参照)。

現在のマイル残高は約17000マイルで、デルタマイルをJTB旅行券に交換可能なシルバーメダリオンのステータスの有効期限は2018年1月末まで。2017年10月に12000円+消費税の年会費を払っても、継続ボーナスマイルは2000マイルしか入らないため、いずれにしても2018年に交換できるのは1万マイルしかない。それでは年会費を支払うメリットがあまりないためクレジットカードは解約することにした。

デルタスカイマイルは日本の航空会社のマイルと異なり使用期限がないため、デルタマイルの残額は、再びお蔵入りすることになるだろう。

関連記事:
・デルタ航空の余剰スカイマイルの処分方法を検討〜アメックス作成でJTB旅行券に交換へ


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドへの投資を見送る理由
    ハイマージェ (12/03)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドへの投資を見送る理由
    ハイマージェ (12/03)
  • 軽自動車の規格見直しが求められている理由〜世界のミニマムクラスとのギャップ
    ヤマト (11/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)