新着記事/関連記事

企業型DC専用の「みずほ信託銀行インデックスファンドS」シリーズの信託報酬は激安

The Arts and Investment Studiesの記事「弟の企業型確定拠出年金の商品選択にアドバイス―「みずほ信託銀行インデックスファンドS」シリーズは驚きの低コスト」によると、同シリーズの信託報酬は激安らしい。

記事によると、企業型確定拠出年金専用のファンドであるが、みずほ信託銀行国内株式インデックスファンドSの信託報酬は0.115%(税抜)、みずほ信託銀行外国株式インデックスファンドSの信託報酬は0.13%(税抜)とのこと。なお、みずほ信託銀行の公式商品紹介ページはみあたらない。

先進国株式インデックスファンドは、三井住友・DC外国株式インデックスファンドSの信託報酬(0.16%)が最も安いと思っていたが、こんな激安な商品があったのかと驚きを隠せない。つみたてNISAのスタートを契機に信託報酬の引き下げは進んでいるものの、まだまだ低い信託報酬が実現可能であることがよくわかる。

ぜひみずほ信託銀行には両ファンドを一般開放してもらいたいものだ。

関連記事:
・つみたてNISAフェスティバル2017(つみフェス2017)に参加〜進む信託報酬値下げ競争


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)