「つみたてNISA」で信託報酬の高いインデックスファンドを取り扱っている金融機関

金融庁の「つみたてNISA対象商品届出一覧(運用会社別)(平成29年10月5日時点)(PDF)」を見ると、野村アセットマネジメントと三菱UFJ国際投信は、アセットクラスが重複している複数のインデックスファンドを「つみたてNISA」対象投信として登録している。

野村アセットマネジメントは、旧来からのインデックスファンドで、すでに信託報酬については競争力を失っているfunds-iシリーズに加えて、信託報酬で競争力のある「つみたて」シリーズを設定している。

三菱UFJ国際投信に至っては、旧来からのインデックスファンドで、同じくすでに信託報酬については競争力を失っているeMAXISシリーズ、業界最安水準の信託報酬をコミットしているeMAXIS Slimシリーズに加え、信託報酬で競争力のある「つみたて」シリーズを設定している。

これは、信託報酬を高めに維持したい販売会社を想定してのラインナップだと思われる。そこで、実際にどの金融機関がこれら高めの信託報酬のインデックスファンドを「つみたてNISA」で取り扱っているかを調べてみた。

結果、ほとんどの金融機関で信託報酬が低めの商品を採用する中、野村funds-iシリーズを取り扱っている金融機関は秋田銀行と岩手銀行、従来のeMAXISシリーズを取り扱っている金融機関は北都銀行、中国銀行だった。同じ運用会社からより信託報酬の安いファンドが出ているのに、信託報酬が高めの商品のみを扱うのはフィデューシャリーデューティーを果たしているとは思えない。

なお、北國銀行は「つみたてNISA」の商品がすべてバランス型のSMT世界経済インデックスファンドで、バラの株式インデックスファンドを取り扱っていない唯一の金融機関だった。SMTのバランスファンドも、すでに信託報酬が時代遅れの水準になっている。

関連記事:
・「つみたてNISA」の取り扱いを未だに発表していない証券会社


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    たわら男爵 (09/30)
  • キングスレーキャピタルは投資詐欺か?被害者は?(2)
    鼠小僧 (09/26)
  • インデックス投資ナイト2018の第三部座談会に登壇した
    キセン (07/11)
  • 映画「ラストサムライ」にみるグローバリゼーション
    pandora jewelry (04/27)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (04/23)
  • 日本の現金決済比率は65%で先進国平均の2倍以上〜20万台のATM維持コストは年間2兆円
    パオ (03/20)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ゆうき (02/25)