新着記事/関連記事

日本の現金決済比率は65%で先進国平均の2倍以上〜20万台のATM維持コストは年間2兆円

日本には約20万台のATMがあり、その維持コストは年間2兆円になるとのこと(日本経済新聞)。

記事によると、日本の現金決済の比率は決済全体の65%程で、先進国の平均(32%)の2倍以上になるとのこと。通帳の仕様が異なるためATM共通化が難しく、銀行にとってATMの維持コストが重い負担になっているとのこと。

個人にとって、現金決済からクレジット決済への移行はメリットが多く簡単にできる節約法だ。例えば年間100万円をクレジット決済して、ポイント還元率が1%だとすると、年間のポイント収益は1万円、10年間で10万円になる。

私の場合は海外出張の旅費立替えが多いので、2017年は年間約360万円のクレジット決済があり、クレジット決済のポイント収益は約5万円になっている。なお、ポイントサイト「ハピタス」経由の決済でポイント収益をさらに高めている。

また、クレジットカードのオートチャージ設定で電子マネーを利用することで、現金決済に比べて決済スピードを大幅に早めることが可能だ。私が持っているViewカードのSuicaオートチャージのポイント還元率は1.5%である。

さらに、クレジット決済を増やすことでATMに通う時間を節約できたり、ATM時間外手数料を節約できる。

ぜひ現金中心の決済からクレジット決済重視への移行を検討してみてはいかがだろうか?

関連記事:
・2016年に作成した7枚のクレジットカード〜人生最多のカード発行年


コメント
同じ先進国とも2倍の差なんですね。
海外の銀行ってその銀行の顧客でもATMで引き出すのに手数料がかかるとか聞きますので、利用しないのでしょうか。
周りの人に聞くと、使いすぎるから…という答えが多いかな。
便利なんですけどね。

子どもが3人とかいれば、食費が一度にまとめて請求されるのは怖いかな?
電子マネーででも試してみたらどうでしょうね。
いずれにしても、使う前にお金を入れておかないといけないですが。まず貯金が先、のサイクルが最初の一歩。そこが狂うと回らないですかね。
  • パオ
  • 2018/03/20 3:56 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • インデックス投資ナイト2018の第三部座談会に登壇した
    キセン (07/11)
  • 映画「ラストサムライ」にみるグローバリゼーション
    pandora jewelry (04/27)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (04/23)
  • 日本の現金決済比率は65%で先進国平均の2倍以上〜20万台のATM維持コストは年間2兆円
    パオ (03/20)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ゆうき (02/25)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (02/25)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (12/03)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (12/03)
  • 軽自動車の規格見直しが求められている理由〜世界のミニマムクラスとのギャップ
    ヤマト (11/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)