賃貸契約でオプションのクリーニングサービスはすべて断るのが得策

不動産仲介業者では賃貸契約時に様々なオプションサービスの提案を受けるが、私はこれまですべて断っている。

今話題の入居前の消臭・抗菌サービスや定期的なクリーニングサービス、管理会社の定休日の緊急対応サービスなど、不動産仲介業者は法定仲介手数料以上の売り上げを確保するために、あの手この手でオプションサービスを提案してくる。

賃貸契約では必須の支払い項目や確認事項が多い中、こういったオプションサービスをさりげなく混ぜてくる。相手のペースで流されてしまう人は、こういったオプションサービスをそのまま契約してしまう人も多そうだ。

最近の報道では、消臭・抗菌サービスの料金を徴収していたのに繁忙期はやらないこともあった、という元従業員の証言まで出てきた。不動産仲介業者がこれらのオプションサービスを片手間でやっていることが明らかとなった。

もし、これらのオプションサービスが本当に必要になったら、その時に自分で商品や業者を探した方が良いだろう。実際にうちではエアコンのクリーニングはその都度契約して専門業者に依頼している。

関連記事:
・比較できない賃貸住宅総合保険〜商品によって千差万別な保障額


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)