投信ブロガーFOY2019に投票〜たわらノーロード先進国株式に全力投球

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019のファンド投票を行った。

今年、私の資産運用にとって最もインパクトの大きい出来事は、たわらノーロード先進国株式の信託報酬(税抜、以下すべて同様)が0.2%から0.0999%へ引き下げられたことだった。私の運用資産の先進国株式アセットクラスの約半分が同ファンドに投資されているからだ。

先進国株式インデックスファンドの信託報酬比較では、eMAXIS Slim先進国株式(0.099256%)がわずかに低いものの、その他の維持コストも加味した実質コストでは、たわらが0.116%、eMAXIS Slimが0.164%なので、実質的にたわらがリードしている(ザイ・オンライン)。

そこで、本投票でもこのたわらノーロード先進国株式に全力投球(5点配点)した。

関連記事:
・たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)
  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)