北村慶「最も賢いETF海外投資法」は良書



北村慶著「ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる最も賢いETF海外投資法」を読んだ。北村氏の著作は相変わらずタイトルが怪しくて、電車の中で読むのが恥ずかしい。
本書は「貧乏人のデイトレ金持ちのインベストメント」「大人の投資入門」に続く長期分散投資の入門書。前2作の重要なポイントをコンパクトにまとめた上で、ETFを活用した具体的な投資パターンを紹介している。

特に勉強になったのは、国内株式、海外株式(先進国)、海外株式(新興国)の保有パターンとして以下の3種類を紹介している点:

投資理論上の最適解(43:57)に近いアロケーション
国内株式:     50%
海外株式(先進国):50%
海外株式(新興国): 0%

先進国の時価総額をベースにしたアロケーション
国内株式:     15%
海外株式(先進国):85%
海外株式(新興国): 0%

全世界の時価総額をベースにしたアロケーション
国内株式:     10%
海外株式(先進国):70%
海外株式(新興国):20%

本書では、各ポートフォリオにおける具体的なETF購入パターンと手数料比較が掲載されており、橘玲著「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術〜究極の資産運用編」カン・チュンド著「日本人が知らなかったETF投資」よりも実用的だ。北村慶著「大人の投資入門」と差し替えで、オススメの資産運用本ベスト5にランクインできるすばらしい本だ。

関連記事:
・管理人のポートフォリオ

コメント
ちょっと興味がある本です。
投資理論上の最適解(43:57)は何故最適解なのか詳しい説明がありましたでしょうか?
  • w3zero7
  • 2008/09/10 2:15 AM
本書ではポートフォリオ理論の説明は省略しているので、詳しい説明は載っていませんが、シャープレシオが最大となる比率(マーケットポートフォリオ=効率的フロンティアと資本市場線の接点)だと思われます。

このあたりの専門的なところは「道具としてのファイナンス」等の投資理論解説本を読むと良いかと。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534039484/blogforjapan-22
  • ゆうき
  • 2008/09/10 8:15 AM
投資理論上の最適解(43:57)は何故最適解なのか詳しい説明がありましたでしょうか

この内容は、山崎元さんのブログに掲載されてましたよ。ただし、金融知識が乏しいので、理解は出来たようで出来なかったです???。
ご確認下さい。
  • 愛犬クロリス
  • 2008/09/10 10:04 AM
本日該当箇所だけ立ち読みしてきましたが、詳しい説明はなかったですね。山崎さんのblogは以前見たのですが、それとは違うことが書かれているのかなと思いコメントしました。ありがとうございました。
  • w3zero7
  • 2008/09/10 9:56 PM
突然すみません。
『ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる
最も賢いETF海外投資法』という、
長〜いタイトルの著者の北村慶です。
http://kitamurakei.jugem.jp/

拙書をお読みいただき、ありがとうございました。

本のタイトルでは、いつもご迷惑をおかけしているようで、すみません。
言い訳がましいのですが、いつも書名の決定プロセスでは、
編集者とエージェントの諸氏の意見に従っているため、
このようなことになってしまっております。

本人としては、堅くてまともな書名を希望しているのですが、
「まず、書店で目を惹くことが大切です!」と
言われますと、業界の素人で週末作家の私は、
「そういうものかなぁ」と思ってしまうのです。

さて、ポートフォリオの投資理論上の最適解ですが、
過去のデータをベースにしていることから、
どの期間のデータを用いるかによって、答えが変わってきます。

また、近年のように、国内株式と海外株式の相関係数が
従前よりも高まっている状況では、その答えが
将来も”最適”なのかも不透明です。

というわけで、本書では、3パターンの「ポートフォリオ案」を
お示ししております。

ずばりの回答にはなっておりませんが、取り急ぎ、御礼まで。



  • 北村慶
  • 2008/09/10 11:24 PM
北村さん

著者からの直々のコメントありがとうございます。おっしゃる通り、どの期間のデータを活用するかによって最適解は変わりますね。世界の株式市場の相関が高まっているという理解もその通りだと思います。

資産運用本の中には、著者のオリジナルな思想に基づいたアセットアロケーションが多いですが、本書の三つのシナリオは、論理が明快で勉強になりました。今後もご活躍を期待しています。
  • ゆうき
  • 2008/09/11 10:24 AM
1、アセットアロケーションについては、時代に
より考え方が違っています。

ベンジャミングレアムは、株50%、債券50%
シーゲルは、株100%
 (内訳グローバルインデックス50%、高配当株、
 新興株、割安株50%)

K楝神渡擦蓮
 不況期は、物(株・土地)の比率を高く
 好況期は、金(預金)の比率を高くするとよい

利殖には、いろんな考えがあって、
どれが正しいとは言えない部分がある。
北村氏の本も、素晴らしいが、
素人は、もっと基礎的な本を読んでみたい。以上

  • mkuriba4649
  • 2008/09/11 10:45 PM
北村氏は特定のアロケーションを勧めているわけではありません。多くの著名投資家が根拠もなくベストのアロケーションを提示している中で、金融理論上の最適解や市場平均というのは一つの指標として説得力があります。
  • ゆうき
  • 2008/09/11 11:53 PM
ゆうきさんの、いろんな本をばっさり斬る記事はおもしろいですが、もう少しだけ言葉選びの丁寧さがあってもいいと思います。
  • 一読者
  • 2008/09/12 6:54 PM
ご指摘ありがとうございます。とは言え、すぐに芸風を変えられるかどうか・・・ちょっと検討してみます。
  • ゆうき
  • 2008/09/12 11:32 PM
ゆうきさんへ
お返事ありがとうございます。

1、北村氏のとかれる
 日本株10%、
 外国株90%(先進国70%、新興国20%)
 が、株式投資のベストなのでしょうね。

株・債券のアセットアロケーションについては、
年齢・リスク選好度で、株式の割合を
変えるというのが、現在の理論
なのでしょうか。

奥深い問題ですので、このセミナーで
真理を探究ください。以上

  • mkuriba4649
  • 2008/09/13 10:41 AM
未来は過去の延長ではないので、理論上のベストはありますが、アセットアロケーションに「正解」はないですよ。それがまた面白いのですが・・・
  • ゆうき
  • 2008/09/13 10:49 AM
1、資産運用は、物と金の交換で、
 安いときは、玉を買うように
 高いときは、糞を売るように
 売り買いする、(中国の古典)
 のがよいとされます。

2、物(株)・金(債権)の
 アセットアロケーションを研究するのは、限界あるが、
 株のポートフォリオについては、
 理論的な「ベスト」があると
 いうことですね。
がんばってください。以上
  • mkuriba4649
  • 2008/09/14 8:39 AM
株と債券の割合も理論的なベストは存在します。
  • ゆうき
  • 2008/09/14 8:46 AM
ゆうきさん

現在、アセットアロケーションを勉強中なのですが、
株と債券の割合も理論的なベストの値があるということなので、それを教えてください。
よろしく願いします。
  • 2008/10/30 12:56 PM
効率的フロンティア(有効フロンティア)と呼ばれているものですね。詳しくは、このワードを検索してみてください。
  • ゆうき
  • 2008/10/30 2:17 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
ホンネの資産運用セミナーさんにて、参考になる記事がありました。 北村慶「ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる最も賢いETF海外投資法」 私は、世界経済の成長に乗れ...
  • 愚者の資産運用
  • 2008/09/11 12:15 AM
ETFを利用した投資について具体的な商品名や利用できる金融機関名を挙げて紹介している。 一言で言ってしまえば良書。 本書では株式のポートフォリオとして世界に投資する手法を紹介している。 ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる最も賢いETF海外投資法
  • のらFPのブログ
  • 2009/01/17 11:48 PM

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)
  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    たわら男爵 (09/30)
  • キングスレーキャピタルは投資詐欺か?被害者は?(2)
    鼠小僧 (09/26)
  • インデックス投資ナイト2018の第三部座談会に登壇した
    キセン (07/11)
  • 映画「ラストサムライ」にみるグローバリゼーション
    pandora jewelry (04/27)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (04/23)