新着記事/関連記事

なぜ8年後(2023年度)までの財政試算が「中長期」の試算としてまかり通るのか?

内閣府が中長期の経済財政に関する試算(2015年版)を発表した。

財政破綻のタイミングは2020年代前半〜カギは2020年までの消費税15%引き上げ



伊藤隆敏(政策研究大学院大学教授)著「日本財政最後の選択〜健全化と成長の両立は成るか」を読んだ。

ロシアで資本規制が導入されればMSCIエマージング株式インデックスから除外へ

経済危機に陥っているロシアで、資本規制が導入されるかどうかが焦点になっている(モーニングスター)。

逢沢明著「国債パニック」は2014年末〜2015年初めに破綻するという根拠が不明



逢沢明著「国債パニック〜ゲーム理論で破綻時期を警告」を読んだ。

2020年〜2030年の国家破綻・ハイパーインフレの発生確率は3%?



森田長太郎著「国債リスク〜金利が上昇するとき」を読んだ。

「2060年度の借金8000兆円」の前提となった長期金利3.7%は高いのか?

ダイヤモンド・オンラインに「答えありきが疑われる財政の長期推計、詠み人知らずの報告書を出す財政審の実態」という興味深い記事が掲載された。

2060年度の公的債務が8000兆円−1京1400兆円に〜財政制度等審議会が長期試算発表

財政制度等審議会が国と地方の財政の長期試算を発表した(NHK)。

東京の直下型巨大地震リスクと日本の財政破綻リスク



高嶋哲夫著「首都崩壊」を読んだ。

三浦市の財政破綻回避に向けた挑戦〜三崎まぐろ施設の過剰投資失敗を乗り越えて

京浜急行の「みさきまぐろきっぷ」を使って神奈川県三浦市の三崎港に出かけた。

財政破綻予備軍は被災地・産業空洞化地域・遠隔の住宅地・離島・原発立地自治体等

The Pageに「財政破たんから7年、夕張市のいま、夕張予備軍はどれくらいある?」という興味深い記事が掲載された。
続きを読む >>

<< | 2/14PAGES | >>

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント