新着記事/関連記事

楽天グローバル・バランスの問題点

8月7日に楽天投信投資顧問が「楽天グローバル・バランス」というバランスファンド・シリーズを設定するとのこと。

なぜグロソブの不明瞭な将来予測は日経新聞に掲載されるのか?

グロソブを運用する国際投信投資顧問の山内副社長が、日経新聞の取材に対し「分配金を再度引き下げる可能性は小さい」と述べた。

矛盾しているグロソブの分配金引き下げの言い訳

国際投信投資顧問がグローバル・ソブリン・オープン(グロソブ)の分配金を、40円から30円に引き下げた(ロイター)。笑えるのが、国際投信の言い訳だ。

世界経済インデックスファンドがソニー銀行で販売開始

住信アセットマネジメントが世界経済インデックスファンドを1月19日に設定し、ソニー銀行で販売するとのこと(ロイター)。

ダイヤセレクト日本株オープンは意味があるのか?

東京海上アセットマネジメント投信が三菱グループ企業の株式を主要な投資対象とする投資信託「ダイヤセレクト日本株オープン」を設定するとのこと。

ひふみ投信の信託報酬一部還元方式は革命的

独立系投信のレオス・キャピタルワークスが、国内初となる信託報酬一部還元方式を採用した直販ファンド「ひふみ投信」を10月1日に設定することになった(ロイター)。

グローバルETFオープン〜ETFセット販売という不思議な商法

あのグロソブを運用している国際投信投資顧問が複数のETFを組み入れたバランスファンド「グローバルETFオープン」を設定するとのこと(ロイター)。

シティバンクの仕組み投信「ベストパフォーマー」の問題点

読者のtanakaさんより、シティバンクで新発売された仕組み投信「ベストパフォーマー」についてどう思うか?という質問を頂いた。

シティの日興買収で投信ラインナップはどうなるか?

読者の小野山さんから日興コーディアル証券で販売しているジャナス・グローバル・オポチュニティ・ファンドについてどう思うか?という質問を頂いた。

キャピタル世界分散ファンドは買いか?

バンガード、フィデリティと並ぶ米3大投信会社の一角であるキャピタルが日本市場に参入。野村證券は、ウェブサイトにキャピタル世界分散ファンドとキャピタル世界株式ファンドの販売を始めた。
続きを読む >>

<< | 2/5PAGES | >>

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ハイマージェ (06/04)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)
  • 非常用復水器(イソコン)の使用方法を知らなかった東京電力
    アルバートロンくん (04/13)
  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)