新着記事/関連記事

金融庁が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着

政府が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着した(日本経済新聞)。


金融庁が導入検討中の「積立NISA」の非課税期間が20年から10年に半減

自民党税制調査会の議論を経て、金融庁が導入を検討中の「積立NISA」の非課税期間が20年から10年に半減したとのこと(日本経済新聞)。


NISAの新しい20年投資枠「積立NISA」はバランス型ファンド限定になるのか?

金融庁が平成29年度税制改正要望を発表した(金融庁報道発表資料)。


金融庁が検討中のNISA「年間投資上限60万円・非課税期間20年」枠はどんだけ有利か?

金融庁がNISA口座の非課税期間を5年から20年程度に延長するプランを検討中とのこと(ロイター)。


ジュニアNISA口座開設のための煩雑な作業〜0歳児の父親はたらい回し状態に

今年8月に生まれた0歳児のジュニアNISA口座を作るための準備を始めた。


政府が遺言控除の導入を検討〜遺言を残せば相続トラブルは減るのか?

政府が遺言控除の導入を検討しているとのこと(産経新聞)。

1億円以上の金融資産を持つ海外移住者を対象に出国税(国外転出時課税制度)を導入

7月1日から1億円以上の金融資産を持つ海外移住者を対象に出国税が課されることになった(日本経済新聞)。

ジュニアNISAの問題点〜18歳の若者に数百万円の資産が転がり込む影響

2016年からジュニアNISAが導入される予定とのこと。投資家にとって非課税口座が拡大するのは歓迎できるが、使い方には注意が必要だ。

2014年に投資したNISA口座のETFをすべて売却した

2014年に投資したNISA口座枠のETFをすべて売却した。

2段階連続の消費税増税は制度設計に無理があったのでは?

消費税増税法案が国会を通過した6月、「消費税増税前の駆け込みが増税に貢献してしまうジレンマ」という記事を書いた。
続きを読む >>

<< | 2/9PAGES | >>

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (04/23)
  • 日本の現金決済比率は65%で先進国平均の2倍以上〜20万台のATM維持コストは年間2兆円
    パオ (03/20)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ゆうき (02/25)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (02/25)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (12/03)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (12/03)
  • 軽自動車の規格見直しが求められている理由〜世界のミニマムクラスとのギャップ
    ヤマト (11/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)