新着記事/関連記事

NISA口座数が400万を突破〜NISA向け投信市場は過当競争か?

NISAの口座数が、開設見込みを合わせて400万件を超え、NISA向けの投資信託商品も延べ600本以上になったとのこと(日本経済新聞)。

毎月分配型投信に関する近藤駿介氏の記事の問題点

近藤駿介 In My Opinionというブログに「『詭弁』によって生まれ、『誤解』によって批判を浴びる『毎月分配型投資信託』 〜『認知されども理解はされていない』人気商品」という記事が掲載された。

金融庁の投信統合簡易化は手数料引き下げにつながるか?

現代ビジネスに「10年以上も上昇を続ける高過ぎる投信手数料は投信統合簡易化で本当に下がるのか」という興味深い記事が掲載された。

金融庁が投資信託の統廃合基準を緩和〜信託報酬引き下げにつながるか?

金融庁が投資信託の手数料引き下げにつなげるために、投資信託の統廃合基準を緩めるとのこと(日本経済新聞)。

金融審議会WGの投資信託法制見直し案は妥当か?

金融審議会「投資信託・投資法人法制の見直しに関するワーキング・グループ」が最終報告を公表した。

銀行による高齢者への投信販売は本当に問題なのか?

銀行の投資信託販売を巡るトラブルが急増しているとのこと(読売新聞)。

りそなが分配金固定の投信を発売〜悪くても分配する開き直り度がすごい

りそな銀行が、分配金固定の投資信託「りそな毎月払出し・豪ドル債ファンド(愛称:サザンクロス)」を発売するとのこと。

通貨選択型ファンドの過剰な分配金は規制するべき

金融審議会「投資信託・投資法人法制の見直しに関するワーキング・グループ」(第1回)の配布資料が金融庁ウェブサイトに公開された。

投信規制見直しから分配金問題が消えているのはなぜか?

投資信託・投資法人に関する法制の見直しを議論するワーキンググループ(WG)の初回会合が金融庁で開催された(ロイター)。

投信の分配原資を限定へ〜遅すぎた通貨選択型ファンド規制

金融庁が投資信託の分配金の規制を強化するとのこと(ロイター)。
続きを読む >>

<< | 2/9PAGES | >>

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)